郵便物・ダイレクトメール(DM)発送代行・業務効率化ならタウンズポスト

  • お問合せ
  • TEL : 092-624-9300

Dr.HUB

トップへ戻る
外部状況
  • 2017年9月より物流費が大幅に高騰し始める
  • 2018年3月・4月にも物流費が大幅に高騰する
  • 2018年4月に郵便費(ゆうメール)も値上げ
  • 2018年内にヤマトクロネコDM便も大幅値上げ予定

今後、段階的に送料は上昇し続けます…

原因は「人手不足」「荷物の増加」
あります!

問題
  • 物流費(ゆうパック、クロネコ便、飛脚宅配便etc)の
    値上げ
  • 荷物の「物量制限」
  • DM便類の「値上げ」(販促費の上昇)

荷物の「物流制限」極めて問題!

一時的に逃す必要があります。

タウンズポストの提案

荷物のみ安価へ / はがき・信書のみ安価へ / DMのみ安価へ / 全て安価へ

無料で調査・分析します!

調査で必要なもの
  1. 荷物の
    3ヶ月分の
    利用明細

  2. DM便の
    3 ヶ月分の
    利用明細

  3. ロジ費用
    (坪数・単価・
    ピッキング費用等)

NDA(秘密保持契約書)を結びます。

分析事例図

物流発送の代替案は今後、必要です!

なぜなら物量制限

制限された荷物はどうするのか?

他社に分散(リスクヘッジ)を推奨します

※弊社も荷物に上限がありますので、上限になったらお断りすることがあります。(月間3 キャリア合計 230 万個)

お問い合わせ

費用削減事例

DM・荷物がある場合

  DM
年間600万通(月50万通)
荷物
年間96万個(月8万個)
BEFORE ゆうメール (~100g)
@52円(税別)
ゆうパック (全国平均60サイズ)
@580円(税別)
AFTER クロネコDM便
@49円(税別)
佐川急便 (※埼玉発送)
@500円(税別)
削減額 52円ー49円=3円
3円×600万通=1,800万円
580円ー500円=80円
80円×96万個=7,680万円
年間削減費用:9,480万円

ロジごと移動した場合

  荷物 年間60万個(月5万個) / ロジ 50坪・ピッキング費用・印字等作業
BEFORE ヤマト運輸
(全国サイズ60サイズ)
@680円(税別)
50坪×約3,500円+100円(作業)
=175,000+500万円=5,175,000円/月
=5,175,000÷50,000=103.5円/個
103.5円+680円=783.5円/個
AFTER 佐川急便
(※埼玉発送)
@500円(税別)
50坪×約5,000円+120円(作業)
(※土地代・人件費が高いため)
=250,000+600万円=6,250,000円/月
=6,250,000÷50,000=125円/個
125円+500円=625円/個
削減額 783.5円625円=158.5円/個
158.5円×50,000=792.5万円/月
年間削減費用:9,480万円
外部環境
日本〒

昨年10月~1月まで配達遅延、値上げ → クレーム多数

ヤマト運輸

強制的に大幅な値上げ、物量制限

佐川急便

物量制限、値上げ

物流の流れ

  • 物流の流れ - 現状の問題点の図
  • 物流の流れ - タウンズポストの提案と優位性の図

Q&A

調査料は?
無料です!
タウンズポストはどうやって利益を上げるの?
安価なDM便・ゆうメール・宅配便の単価を持っているので、そこでの差額で利益を頂いております。
お問い合わせ